横須賀市、鎌倉市、三浦市、葉山町、逗子市の雨漏り修理、屋根修理、防水、雨樋修理、水漏れ修理でお困りの時は 横須賀水漏れ雨漏り修理センター にご相談ください。

運営元 アースホーム合同会社

横須賀水漏れ・雨漏り修理センター

本社
〒231-0055 横浜市中区末吉町4-89-2
営業所
横浜市栄区小菅ヶ谷2-29-25
横須賀市佐島2-12-11
 

受付時間:9:00~17:00(日を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

屋根葺き替え工事

横須賀市の屋根葺き替え工事

家屋全体と、今後のメンテナンス、生活スタイルに合わせた、アドバイスを行います。

お見積、点検、診断無料です。
お気軽にご相談下さい。
点検、診断、見積、ご相談は、無料です。

詳しくはこちらをクリック

屋根葺き替え時の注意点

屋根のリフォームをする際には、
い考えておかなければいけない注意点があります。

依頼する前にある程度デザインや予算を考えると思いますが、注意点を知っているか知っていないかでは、工法、屋根材、が変わってきます。
屋根というのは建物の上に乗せる部分ですから建物全体へとその重量がのしかかります。
屋根の重量次第で建物の耐震性能が変わってきますし、強度がない建物では屋根の重さ自体が非常に負担となってしまいます。

瓦葺きの屋根は日本家屋の屋根としては雰囲気があり非常に人気ではありますが、その分非常に重い素材です。
リフォーム前の屋根が軽量な屋根材で、それを瓦葺きに葺き替えるという場合は柱や壁などの強度を確認しておく必要があるのです。
逆に瓦葺きの屋根から軽量な素材に変更するという場合はこの心配はいりません。
最近は軽量かつ上部で瓦のような雰囲気を持った屋根材というのも多く見ることができます。

また同様に重量の問題で屋根工事の工法にも注意点があります。
既存の屋根を取り払って新しい屋根に取り替える葺き替え工事であれば上記の点で、良いのですが、既存の屋根を残しその上から新しい屋根材をかぶせるというカバー工法の場合は、軽い屋根材を新たに採用するとしても既存の屋根の上に新しい屋根の重量が加わるわけですから注意が必要です。

カバー工法は葺き替えに比べて撤去作業がないぶん工事にかかる時間が短く費用も少なくてすむというのが大きなメリットではあります。ですが、屋根の重量は増量します。ですから、カバー工法の場合は、築年数、建物の構造、現在の家屋の状況を確認してから、行う必要があります。

詳しくはこちらをクリック

お問合せはこちら

横須賀水漏れ・雨漏り修理センターのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 相談したい時はどうしたらいいんですか?
  • 結局費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

そのほか、商品・サービスについてご不明点がございましたら、どんなことでもお問合せください。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-043-577

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせはこちら